米国企業による「株主至上主義との決別」は口先だけか

米国の主要企業が名を連ねる財界ロビー団体ビジネス・ラウンドテーブルは、2019年8月、「企業の目的に関する声明」を発表した。米国を代表する181社が株主至上主義からの決別を宣言したことは大きな話題を呼んだが、この声明はなぜ重要なのか、これによって何が変わり、また変わらないのだろうか。『グリーン・トゥ・ゴールド』の著者アンドリュー・ウィンストン氏が論じる。…

READ MORE

続きはこちらから

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります