PICK UP
| Biz/Zine

“速いものが遅いものを負かす時代”に、経営戦略をデータ駆動型へと移行すべき理由とは | Biz/Zine(ビズジン)

 データ駆動型ビジネスへの転換の必要性を感じている企業は多い。テクノロジー業界のアナリスト企業IDCが2016年10月にオーストラリア・ブラジル・中国・ドイツ・イギリス・米国の502社の経営層を対象に行った調査によると、調査対象の75%を超える企業が、テータの円滑な活用ができないことで商機を逃していると答えているほどである。一方で、実際にどのように変革をしていけばいいかわからないという戸惑いの声も聞く。  そんな中、100カ国以上のデジタル変革を行う企業にデータプラットフォームを提供してきたインターシステムズが、その経験から「データ変革の鍵」となる共通項を見出し、新製品IRISの発表のタイミングでイベントを主催した。冒頭2つの基調講演の講演者は、インターシステムズジャパン株式会社日本統括責任者の植松裕史氏と、インターシステムズコーポレーション・データプラットフォーム製品プロダクトマーケティングディレクターのジョセフ・リヒテンバーグ氏。両氏の基調講演の内容を、まとめて紹介する。…

関連タグ