ビジネス指標は少ないほど効果が高く、強い企業文化をつくる|Coral Capital

あらゆるビジネスは一連の評価指標を持ち、その指標を定期的にチェックすべきです。指標には現金、売上、利益など、過去このブログで取り上げてきた会計に関するものも使えますが、指標に使うものは、これらに限定すべきではありません。 会社が初めての製品やサービスを開発している初期の段階では、指標は開発リソース、完成した機能、既知のバグなどの製品開発に関連したものかもしれません。製品またはサービスをローンチした後は、顧客数、DAU(デイリーアクティブユーザー数)、チャーンレート(解約率)、無料トライアルから有料顧客へのコンバージョン率などにシフトするかもしれません。 ビジネスの成長と発展に伴い、チームに公開できる収集データの量が増えます。注意しないと、大量のデータでチームを困らせることもあります。 したがって、…

READ MORE

続きはこちらから

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります