PICK UP
| WORK MILL

「ZeBrand」を生み出した老舗モリサワの若きイントレプレナー ー 10倍の目標を掲げるチームづくり

国内フォント業界最大手のモリサワが、今年2月、米国市場向けに新規事業を立ち上げました。「ZeBrand(ズィブランド)」と名付けられたそのサービスは、スタートアップのブランディングを支援するツールキットを自動生成するというもの。ビジョンや事業領域、ロゴなどをインプットすると、独自のアルゴリズムとAIがその企業に合ったカラーやタイポグラフィーといった要素を含むブランドツールキットを提案してくれます。 そんなサービスを世に出したのは、新規事業部門「MORISAWA BRAND NEW Lab(以下MBNL)」。既存の枠にとらわれない“モリサワの新しい柱”をつくるために設立されました。 チームをまとめる菊池諒さんは、どのように老舗企業内でイントレプレナーとして走り、新しいサービスを生み出したのか。事業やチームが生まれた背景をはじめ、マインドや仕組みづくりなどについても伺いました。…

関連タグ