三菱商事・和光貴俊氏に聞く、業績好調でも拭えない危機感──ビジネスモデル大転換時代に不足する経営人材 | Biz/Zine(ビズジン)

 連載「人事と経営のジレンマ」では、組織論・経営戦略論研究者の埼玉大学大学院宇田川元一准教授と、人材育成・採用・組織開発に関するサービスを提供するリクルートマネジメントソリューションズにて、HR領域における事業開発をリードする荒金泰史氏を連載ホストに迎えます。「事業開発×人事・組織開発」をテーマに、有識者・実践者との鼎談を実施し、経営変革の両輪を担う「事業開発」と「人事・組織開発」それぞれの役割、両部門が共同して行うべきこと、部門を跨いでのみしかなし得ない経営変革に必要な要素とは何かを探索します。  今回は、三菱商事で人事畑を歩み、現在はヒューマンリンク株式会社の代表として、三菱商事グループの人財開発を担う和光貴俊氏にお話をお聞きしました。前・中・後編でお届けする記事の前編では、ビジネスモデル大転換時代の商社において、今までの人事制度の変遷を振り返り、現代の課題や次代の成長軸への危機感、イノベーションのための人材開発や組織開発に関してお聞きしました。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

Biz/Zineに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります