リアルとデジタルが融合する「ミラーワールド」で、小売りはさらに拡張する:『小売再生』著者インタヴュー|WIRED

eコマースや最近のD2Cブランドの台頭によって、その存在意義が問われ続けている小売業界。しかし、拡張現実(AR)やマシンインターネットが駆動する「ミラーワールド」の時代には、「小売り」の可能性が一気に解き放たれ、顧客体験から「ショッピング」という行為そのものまで変えてしまうかもしれない。「リアル店舗がメディアになる」とは、ミラーワールドにおいてどんな意味をもつのか、来日した小売コンサルタントで世界的ベストセラー『小売再生』の著者ダグ・スティーヴンスに『WIRED』日本版が訊いた。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

WIREDに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります