「マーケティングの死」の本質 「サービス」が「モノ」を内包し、顧客と価値を共創する時代を理解する

デジタル上でのコミュニケーションは、企業のマーケティングやブランディングを明らかに変革し、速度と深度を増している。有園雄一氏が業界のキーパーソンや注目企業を訪ね、デジタルが可能にする近未来のマーケティングやブランディングについてディスカッションする本連載。2019年を締めくくる今回は、高広伯彦氏がゲスト。「モノ」ではなく「サービス」を中心として考える「サービス・ドミナント・ロジック」への転換、顧客体験をベースにした組織のOSのアップデート、アドテクベンダーの行く末まで、今起きている変化を語り尽くす。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

MarkeZineに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります