SmartHRが61.5億の大型調達、攻めのファイナンス戦略 - INITIAL

―ネクストSansanとなるか。 時価総額1,400億円超で上場したSansanに次ぎ、SaaS(Software as a Service)領域のユニコーン(評価額1,000億円以上の未上場企業)への期待がかかるスタートアップがある。「社会の非合理を、ハックする。」をミッションに掲げ、企業の人事・労務管理領域のSaaSを運営するSmartHRだ。 そのSmartHRが本日(7/22)、[61.5億円もの大型資金調達を発表](https://smarthr.co.jp/news/press/20786)した。その評価額は307億円と推定される(※)。これは国内SaaSスタートアップでは、freee(645億円)、ビズリーチ(322億円)に次ぐ水準だ。 >(※) 評価額は[entrepedia](https://biz.entrepedia.jp/)による推定額であり、SmartHRにより決定又は追認されたものではない。過去のSmartHRの企業評価額に関する記載についても同じ。 SmartHRのこれまでのファイナンスと成長の軌跡。そして、今回の資金調達関係者のインタビューをお届けする。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

INITIALに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in