拡張現実を、もっとソーシャルで身近な存在に──インド出身の25歳が目指す「夢の世界」|WIRED.jp

インド出身の25歳が夢見ていた世界。それは写真や言葉よりも優れた方法で、自分がいる世界を家族や友人と共有できる仕組みをつくることだった。こうして誕生したスタートアップのUbiquity6は、ウェブブラウザー感覚で使える拡張現実(AR)ツール…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

WIREDに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります