急成長ベンチャーが、 「プレゼン思考」を重視する理由 ―Supershipホールディングス株式会社の挑戦|ダイヤモンド・オンライン

近年、多くの企業が「プレゼン研修」の導入を進めている。実はプレゼンを学ぶことは、ただ単に社員のプレゼン能力を向上させるだけではなく、思考やビジネスに対する意識をも変え、ひいては会社全体の生産性アップにもつながるからだ。『社内プレゼンの資料作成術』『プレゼン資料のデザイン図鑑』などの著者として知られる前田鎌利氏が「プレゼン研修」を実施したデータテクノロジーカンパニーであるSupershipホールディングス株式会社もそのひとつ。ユニークな研修プログラムを構築している同社で、なぜプレゼン研修に力を入れているのかリポートする。…

READ MORE

続きはこちらから

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります