2020年、「ハイブリッド型」のエージェンシー運用が流行る|DIGIDAY

ここ数年マーケターたちはブランドのコントロールを取り戻すことに成功してきた。これは、クリエイティブ、ソーシャル、プログラマティック、そして時にはメディアバイイングといったエージェンシーの機能をインハウス化する形で行われてきた。ただコスト削減だけでなく、フットワークを軽くすることも狙いである。しかし、これを実施したからといって、すぐに問題が解決するわけでもなく、プロセスも単純ではない。この現実にマーケターたちが気づきはじめるとともに、エージェンシーを再び起用しはじめるところが出てくるだろう。ただし今回はハイブリットな形での起用となる。…

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

DIGIDAYに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります