街じゅうを"駅前化"する!電動マイクロモビリティのシェアをてがけるLuupが行う、戦略的実証実験の作り方 | xTECH

日本有数のオフィス街、大丸有エリアでスマートシティ構想が立てられ、このプロジェクトの一環として行われているのが、電動マイクロモビリティの公道走行による、安全性や社会受容性を検証する実証実験だ。「電動マイクロモビリティ」全般のシェアリングサービスを手掛けるスタートアップ「株式会社Luup」が、大丸有エリアでの電動キックボードの公道実証を政府認可のもとで行なっている。 Luupは現在、渋谷区、新宿区、港区など、東京都の一部で小型電動アシスト自転車を用いたシェアサービスを提供している。街中に設置したシェアポートから借りることができ、初乗りは分円から。スマホがあれば搭乗できる手軽さから、着実に利用者を増やしている。将来的には、同サービス内に電動キックボードを導入していく予定だという。 同社はこの実証実験に際して何を考え、どんなことを心掛けたのか。さらには将来的にどのようなビジョンを立てているのか? Luup代表の岡井大輝氏にお話を伺った。 …

READ MORE

続きはこちらから

記事はこちら

xTECHに移動します

記事を共有する

会員登録/ログインすると
以下の機能を利用することが可能です。

When you log in

新規会員登録/ログイン

SNSアカウントでログイン

パスワードを忘れてしまった方はこちら

メールアドレスでログイン

*の項目は必須項目になります